LAB NAME
TOPICS

(*Please go to News section for info on entrance interviews→ http://architecture.keio.ac.jp/news/article/2019/09/12/738/)

Kobayashi laboratory, koblab, pursues to revitalize and enforce communities and to create new value in the environment involved in communication-based social, cultural, and spatial design stemming from the micro-culture of an area and the traits that compose its rich sense of place in local society.

— Architecture and urban design has clear impacts on the community, so we strive to comprehend how form affects people’s lives. If communities are not well understood, formal interventions will not respond to the needs of the people and, therefore, they will not complement the area. We try to understand what notions of people and culture create an effective design methodology and what kinds of form create positive outcomes. We try to visualize the invisible character of communities and translate that character into form through our various projects.— We execute a broad range of projects that goes beyond traditional architectural design and construction to pursue design-build methods based on the tectonics of architecture and an understanding of the social role of architecture. We explore effective ways to contribute to society and create new social capital by shaping the form and plan of communities and planning for the future of their living environment.

— In each project we visit the actual site at the right moment and closely observe the place and its people, accept actual problems agilely, and respond to the situation at the site by using a positive, analytical and creative design methodology. This process makes students commit to the problems of the community and embody them by themselves, which feeds them for the next challenge of solving the problems.

— In academic year 2016, we are engaged in the Veneer House project(world-architects.com / kmdw.com) and the Congo Acadex School project in which architectural design and construction is executed with self-build method in devastated or outlying area, Tane rural revitalization project in Shiga prefecture through reforming an old folk house and supporting and cultivating young people, the Nihonbashi urban renewal project based on communication with local 
community, and the SBC (Student Build Campus) project in which students, professors, staffs, and graduates work together to create a new residential education. — We keep on executing real projects in society and acting with responsibility to be able to commit to the actual problems of the society closely and realistically.

 

 

2019

 

“Tane Project”

Since 2007, we have been proceeding “Tane Project” in Shiga Prefecture. Tane is a region in which the traditional Japanese landscape is preserved, with abundant nature and old folk houses shaping its villages. On the other hand, this region suffers from depopulation, aging population, aging population, diminishing industry, increasing number of vacant houses, and damages caused by wild animals. 

Project Base U House

Renovated bath using a soy sauce barrel (2017)

Our aim is to revitalize the community by utilizing the resources in this area such as traditional folk houses, local timber, and the local residents. In the past, we have held workshops for local people to think about the future of Tane, constructed a social welfare facility, printed a booklet for introducing Tane, renovated a folk house, planned tours of the region for non-local visitors, and designed a video and webpage for the local elementary school.

Refurbished mud-plastered walls (2018)

This year we are mainly focusing on constructing a “Vacant House Network System” to build a system in which each house can be used for different purposes and phases of users. 

(Tane Project Webpage: https://taneko1.wixsite.com/kyanse-tane)

(Facebook: https://www.facebook.com/koblab.tane/)

 

“Nihonbashi Project”

The Nihonbashi Project expanded its research area to Chuo-ku this semester and raised a problem of that the tourist spots such as Nihonbashi, Ginza and Tsukiji are considered psychologically as separate spots for sightseeing. We formed hypothesize, which connecting those areas by using bicycles and connect those area is an effective solution.  Those sightseeing spots are within 2km centering Tokyo Station. The problem is the transportation system in this area; it is close if you use the subway, but is far to walk. The issue is how we solve this problem. We believe that people can enjoy the changes of scenery, and visit those areas thoroughly if people use bicycles, and they can discover the true attraction of those areas.  

 

“Rifu Project”

The Purpose of this project is to activate the town through design of 4km road for Olympic games. Rifu Town in Miyagi Prefecture has the stadium that Olympic soccer games will be held in. The town is a small bed town where 3.5million people live in. Now, Rifu Town can not attract people who come to Olympic games because they will stay in big city of Miyagi, Sendai. Therefore Rifu Town gets only a small economic impact even if there is Olympic site in town.

Analysis of Rifu Town

For this town, our lab is going to use the veneer house system and design the whole 4km road with a small cost so that can have good effect to town even after the Olympic games. By this way, we are trying to attract more people and activate the town.

Trial in KIRIN CUP (Icon)

 

Trial in KIRIN CUP (Food Stall)

 

“Nakameguro COVLAB Project”

In the Nakameguro project, we built a workspace named COVLAB (Collaborative Open Veneer Laboratory) following the theme of “creating a place for communication through designing and building”. The CNC router in COVLAB makes the carving of plywood into any desired shape possible. Besides creating mockups for concepts created in koblab, we aim to let the lab to surrounding creators in Nakameguro and involve them in designing and building projects.

COVLAB outside

CNC router

Communication through design and building

 

“Koblab-Indonesia Project”

After the devastating Tsunami hit Indonesia, more specifically Banten in the end of 2018, the people of Pandeglang need permanent housing and community facilities in their own neighborhood. We have submitted a model house proposal for a permanent residence to the local government for their consideration. This design/build workshop and proposal-making will be a valuable learning process on how to respond to unpredictable events based on the indigenous building culture and to exchange ideas for better living between participants from different backgrounds.

Permanent house proposal drawings

Four-unit houses and the perspective view

The other project related to Indonesia involves the making of a community center in Palu, Indonesia. This project is part of the Veneer House Project, which has been developed as a response to the 2011 Tohoku earthquake. For the tsunami affected area in Indonesia, we plan to design and construct a meeting facility for the community, namely Wani Dua village. By applying the construction method of veneer house developed in Japan and other affected areas, we are collaborating with local universities, association of architects, local NPOs, etc., and plan to travel and build from mid-August to mid-September this year. We hope that this project will promote the sharing of architectural techniques and cultural exchange between Japan and Indonesia. We are also considering expanding this result to other Asian regions in the future.

One of the building sites in Palu, Sulawesi Island.

Perspective view of the community center (planned)

Drawings of the community center (planned)

(*研究会の面談情報はNews欄へ→http://architecture.keio.ac.jp/news/article/2019/09/12/738/)

小林博人研究会では、コミュニケーションをベースとした社会や文化そして空間のデザインへの介入を通して、地域社会における場所の豊かさやその根源をなす地域の微文化に根ざしたコミュニティの再生や強化、そして地域の新たな価値の創造を目指している。

建築設計やアーバンデザインは、人と関わる空間を形作る。見つかみどころのない人的な集まりと一見人間とは関係のないように思われる物理的空間を占める形との関係はそれぞれ別々に形成されることは決してない。どのような人間の意識がどのような形を生み出すのか、またどのような形が人の心や身体に作用しうるのかを様々なプロジェクトを通して理解しようと試みる。

従来の建築の設計や施工の方法論の先を見据え、建築が果たす社会的役割りを理解し、社会の問題解決に貢献できるデザイン・ビルドの世界を模索する建築のテクトニックに根ざしたプロジェクトから、社会のコミュニティの形態とその形に注目し、将来のあるべきまちの姿を構想するソーシャルキャピタルを構想するプロジェクトまでを横断する幅広いプロジェクトに取組んでいる。
各プロジェクトでは、自らの身体を使って能動的に分析・解決・創作するデザイン手法によって、適切なタイミングで現地に赴き、土地や人をよく知り、柔軟な態度をもって問題を受け入れ、その場で求められる対応に的確に応えようとしていく。この過程を通して問題を自分のこととして身体化し、次の問題解決のための糧としていく。

被災地や遠隔地でセルフビルドによる建築設計・施工を行うベニアハウスプロジェクト(kmdw.com)やコンゴ・アカデックスプロジェクト、古民家改修や若者育成を通して地方再生を目指す滋賀県田根プロジェクト、コミュニティとの対話に基づく都心のまちづくりを行う日本橋プロジェクト、学生・教職員・卒業生が一体となって新しい滞在型教育を創造するSBC (Student Build Campus) プロジェクトを行っている。
これからも実社会におけるリアルなプロジェクトを通し、自らが自らと社会との関係を
より近く現実味を持って感じ責任をもって介入していくことを目指してアクションを起こしていきたい。

 

 

2019

 

「田根プロジェクト」

「田根プロジェクト」は2007年から滋賀県長浜市田根地区で活動しています。田根は自然豊かな環境の中に伝統民家が立ち並ぶ、日本の原風景が残る地域です。一方で、若者の都市部への流出や少子高齢化、産業衰退、空き家増加、獣害などとの問題を抱える過疎新興地域でもあります。

活動拠点U邸

醤油樽を活用し改修したお風呂 (2017)

私たちは空き家となった古民家、地域で採れる良質な木材、地域住民のコミュニティに着目し、建築屋まちづくりの視点から取り組みを続けています。これまでに、田根の未来像を考えるワークショップ、福祉施設建設、地域紹介冊子製作、空き家の改修・活用、ツアー企画、地元小学生の魅力かを目指した映像・Webページ制作等を実施してきました。

2018年U邸土壁改修

本年度は空き家の改修をしながら、地区内の空き家を活用し、様々なフェーズでの利用に対応できるシステムを構築することを目指しています。

(田根プロジェクトWebページ: https://taneko1.wixsite.com/kyanse-tane)

(Facebook ページ: https://www.facebook.com/koblab.tane/)

「日本橋プロジェクト」

日本橋プロジェクトは今期よりリサーチエリアを中央区まで広げ、日本橋、銀座、築地などの観光地が心理的に別々の観光地として捉えられていることを問題と提起し、この解決に自転車を利用しこれらの地域を結ぶことが有効であると仮説を立てリサーチを行った。先ほどあげた観光地は東京駅を中心に2km圏内にあり、地下鉄に乗るには近いが歩くには遠いという移動手段の問題点があり、そこをどう解決するかが課題である。私達は自転車を使えば風景の変化を楽しむことができこの地域をくまなく巡ることでこの地域の本当の魅力を発見できるのではないかと考え

(宿泊施設やショッピングモールなどを地図に記した図)

 

「利府町みちづくり・まちづくりプロジェクト」

このプロジェクトは、オリンピックを契機に、町内にある4kmのみちのデザインをすることでまちの活性化を目指すものである。宮城県利府町は、2020東京オリンピックでサッカー競技が開催されるスタジアムを有する、人口3.5万人の小さなベッドタウンである。現状では、来場者は主要都市である仙台を起点に行動するため、利府町の魅力を伝えることができておらず、経済効果も少ない。

利府町の用途分析

本研究会で実践的に研究してきたベニアシステムを用い、主要駅からスタジアムまでの全長4kmの一本道をオリンピックとその先を見据えてローコストでデザインすることで、まちの魅力の発信をし、活性化を目指す。

キリンカップでのトライアル(アイコン)

キリンカップでのトライアル(飲食ブース)

 

中目黒COVLABプロジェクト

中目黒プロジェクトでは「デザイン・ビルドを通したコミュニケーションの場づくり」をテーマに、中目黒にCOVLAB (Collaborative Open Veneer Laboratory)というワークスペースを設置しました。COVLABにはCNCルーターが設置してあり、ベニア合板を思い通りに切り出すことが可能になっています。KobLabで設計した作品のモックアップを作るのはもちろん、中目黒周辺で活動するクリエイターに貸し出しを行い、周辺の人々を巻き込んだデザインビルドを目指しています。

COVLAB外観

CNCルーター

デザイン・ビルドを通したコミュニケーション

 

インドネシア(バンテン)における常設住宅の提案」
「インドネシア(パル)のためのデザインビルド」

2018年にインドネシアのバンテンを津波が襲った後、パンデグランの人々は常設住宅とコミュニティ施設を必要としています。私たちは常設住宅のモデルハウスの提案書を現地の政府に検討のため提出しました。このデザイン/ビルドアクション及び提案書の作成は、伝統的な建築文化に基づき予測不能な事態にどのように対応するのか、さまざまな背景を持つ人々がより良い生活のために意見を交換する貴重な学習プロセスとなります。

常設住宅の提案の平面図や断面図、一部のマスタープラン

四つの住宅のプランとパース

インドネシアに関するもう一つのプロジェクトは、パルのためのプロジェクトです。この夏に行うプロジェクトは、2011年の東北大震災を受けて開発を始めたベニアハウスプロジェクトの一環です。インドネシアで発生した津波の被災地に対して、日本およびその他の被災地で展開してきたベニアハウスの建築工法を応用しインドネシア被災地域のコミュニティのための集会施設を設計・建設する予定です。現地の大学、建築家協会、現地NPOなどと連携をしており、本年8月中旬から9月中旬に渡航・建設予定です。このプロジェクトを通して、日本・インドネシアの建築技術の共有および文化の交流が進むことを期待しています。今後この成果をその他のアジア地域へ展開することを検討しています。

スラウェシ島にあるパルの一つの敷地

コミュニティーセンターのパース

コミュニティーセンターの断面図

  • Shiga Tane Folk House Restauration (Bedroom) 2016
    滋賀県田根地区 古民家再生(寝室)2016

  • Shiga Tane Folk House Restauration (Bedroom) 2017
    滋賀県田根地区 古民家再生(風呂場)2017

  • Slovenia Slovenj Gradec Veneer Community Pavilion 2017
    スロベニア スロベン・グラデッツ ベニアコミュニティハウス 2017

  • Congo Kimbondo Acadex Elementary School Infirmary 2016
    コンゴ キンポンド アカデックス小学校保健室 2016

  • ongo Kimbondo Acadex Elementary School Workshop 2016
    コンゴ キンポンド アカデックス小学校ワークショップ 2016

LABORATORIES
Copyright © Keio Architecture. All rights reserved